コナン

名探偵コナンが放送開始から20周年だそうで、今冬、第1話の2時間SPアニメを放送するそうですね。



初回は偶然、リアルタイムで見ました。主人公が小さくなってしまう衝撃の展開にハラハラドキドキしたのを覚えています。
ただ、あれから20年もたってるのかって方が私にとっては驚愕の事実!えー、そんなに前のことじゃなかったような?あれってリアルタイムじゃなかったんじゃ・・・?(往生際の悪い自分)
時が経つのは早いですね。トシ取るわけだ(-_-;)。

世間一般にはコナンといえば「名探偵コナン」でしょうが、私にとってコナンって「未来少年コナン」なんですよね。今となっては知らない人も多いのかな。


「未来少年コナン」は1978年4月から全26話にわたって放映された、NHKが初めて制作したTVアニメ作品です。宮崎駿のアニメ初監督の作品であり、その後の宮崎作品やジブリのスタッフにも後々影響を与えた作品ともいわれています。制作サイドを見ても、ジブリの高畑勲、ガンダムの富野喜幸(由悠季)、マクロスの石黒昇など後に活躍するクリエーターたちが名を連ねています。

当時小学生だった私は、コナンの超人的な身体能力と想像を超える行動の数々に、大笑いしながら見ていました。ありえねーというシーンが繰り返され、飽きさせない展開、絶対的な安心感で見ていられるコナンの優しさと強さ。もう、夢中になって見ていました。

2009年にTV放送30周年記念のDVDBOXが発売されまして、懐かしさのあまり、迷わず買いましたよ。
NHKで放送後は民放でも再放送されていましたが、たぶん30年ぶり?に見たと思います。



大人になって見ても、面白い!ストーリーもおおむね覚えていた。おどろおどろした雰囲気から一変して軽快な音楽に変わるオープニングも、少ししんみりした感じのエンディングもいい。
でも、大人になって見てみると、けっこう重いテーマを含んでるんだなとあらためて思う。
戦争、破壊、人類のエゴ、友情、裏切り、科学者たちの悲しい決断、死、そして希望。そこは宮崎駿作品。ただの娯楽アニメで終わるわけがない。
小学生だった私には、当然「宮崎駿」の名前も当時は今ほどの知名度は無かったし、ただ爆笑物のアニメっていう印象が強かったけど、大人になった今でも楽しめる大好きな作品のひとつです(^^)。

38年も前のアニメだけど絵はきれい。やっぱセル画のアニメはいいな。あったかさとみずみずしさがあります。
当時、放送に制作が間に合わなくなり、特番を放送して乗り切ったこともあるそうです。主人公の二人はほとんど監督自身が作画したとのことだから、妥協はプライドが許さなかったのでしょうね。そこは「NHKだからできた」と後日、監督自身も語っていたとのこと。

あー初代マクロスもNHKで放送されていれば(ありえないけど…^-^;)、作画崩壊なんてこともなく、きれいな絵のままで最終回を迎えていたことでしょうね。
残念だ(。´_`。)
ちなみに、コナンの声はクローディアの中の人。
少年も大人の女性もどっちも素敵(* ´ ▽ ` *)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mimosa

Author:mimosa
Sweets(食べる&つくる)と猫が好き。
最近、1982年放送のアニメ「超時空要塞マクロス」にどハマり中♪
妄想スイーツ作ってみました!
SSもUP中♪

最新記事
最新コメント
カテゴリ
SS (15)
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター